働くママのドタバタな毎日(現在産休中)

都内で働くママです。第二子産休に入り、のんびりと生活しています。育児・出産の記事がメインです。

MENU

妊娠38週のときの上の子の発熱(39度)

スポンサーリンク

もうすぐ赤ちゃんがやってくる!という時に上の子の急な発熱。

正直焦りました。ただ、幸いなことにちょうど7月の連休のため主人が家にいてくれました。

上の子は熱のためやや疲れやすくなっているけど元気に遊んでいるし、私は子供の感染症がうつったらどうしよう?

まだ完全に熱が下がっていませんが、どうやって対応したか記載します。

 

目次

発熱に気付くまで

妊娠38週のときに、突然高熱を出した2歳の子供です。

朝、なんとなく体が熱いなぁと思ったものの、土曜日で習い事の日だったので、お出かけの準備をしていました。

 

でも、やっぱり気になるので体温計で熱を測ると、38度!!まじっ!!

普段ほとんど熱を出さないのでびっくりしました。

お出かけする気満々だった子供は、お出かけできなくなりギャン泣きで泣いて抗議。

主人は二回ばかり用事があったので、私とふたりで家でまったりと遊ぶ一日になりました。

 

熱の推移

夜中にかけて39.2度まで上がっています。

お昼寝もしたくないといいながら、やはり体はしんどいのか、抱っこでしがみつきながら寝ていました。

ちなみに夜中に鼻血出していました。

 

大夏風邪なのか?

よく言われている幼児に流行る夏風邪は、手足口病プール熱、ヘンパンギーナと言われています。

手足口病ヘルパンギーナは喉が痛くなり水泡が出ることが多いようで、うちの子は該当していないので医者には行きませんでした。プール熱も喉の痛みと結膜炎になることが多いようで、該当していません。

大夏風邪ではなく普通の夏風邪なんでしょうね。発熱と咳だけは出ています。喉は痛く無いと行っていました。

ただ、発熱する前の夜は下痢をしていました。

 

出産間際の妊婦はどこまで注意する必要があるか?

手足口病プール熱ヘルパンギーナであればマスクをして感染しないように対策が必要かもしれません。特にヘルパンギーナは臨月にかかってしまうと胎児にも感染リスクがあるとネット上に記載がありました。

うちはただの高熱だけだったので、特に感染予防をすることもなく3日間べったりと子供に付き合っていました。そして現在私は感染症を発症していません。

 

その他

普段ほとんど熱を出さない2歳児のため、平日は保育園、土日ともお出かけという生活が続いていました。

特に私が切迫早産で自宅安静の時は家にあまりいないように主人や義理実家が協力してくれ、お出かけや義理実家で面倒を見てもらうことが多かったため、慢性的な疲れが溜まっていたのだと思います。

臨月に入ってからは上の子とべったり過ごしたくて、土日のお出かけ(習い事やアンパンマンプール)で休む間がありませんでした。

本人もお出かけが大好きなので希望通りの行動をさせていましたが、ちょっと無理をさせすぎてしまったかなぁと反省しています。

スポンサーリンク