働くママのドタバタな毎日(現在育休中)

都内で働くママです。第二子の育休に入り、のんびりと生活しています。育児・出産の記事がメインです。

MENU

0歳と3歳の二児連れ雪遊び ホテルでの過ごし方編

スポンサーリンク

土曜日出発、月曜日帰宅の二泊三日でNASPAニューオータニに宿泊しました。

 

今回はズリバイを覚えたての乳児がいるということもあり、ちょっとお高いですが和室に泊まりました。公式サイトより予約をしましたが人数選択のところは1歳からしか選択肢が無かったためか3人で宿泊という登録になっておりました。備考欄に乳児がいることを書き忘れたのか、備考欄がなかったのかは覚えていませんが、きちんと書いておけば、お部屋にオムツポットとかバンボは用意されたのかもしれませんね。

 

お部屋について

メイン棟の11階がスイートや和室など大きめのお部屋のフロアーのようです。私たちが宿泊した和室からはゲレンデビューではありませんでした。駐車場が見えました。

いわゆる温泉宿の和室のような造りでした。椅子やスリッパが6セットくらいあったのでMAX6人泊まれるのでしょうかね。

アメニティはサロン専用と書いてあるシャンプーとコンディショナーがあり、それ以外は基礎化粧品関係はありませんでした。化粧水と乳液はあるかなぁとちょっとだけ期待していました、実は。

タオルもフェイスタオル、バスタオルそれぞれ6枚ずつありました。うちは4人で泊まっているので人数より多くタオルがあったので助かりました。

スキーウエアなど、濡れた衣類を吊るせる場所が窓際にありました。クローゼットだと手狭な印象を受けたので助かりました。

お布団は2組、敷かれました。3歳の幼児は施設使用料として3,700円払うのですが、添い寝ということでお布団はありません。お布団を使いたい場合は4歳〜未就学児として予約をしましょう。0歳は完全に無料のようです。お布団に関しては4人で2つは少し手狭でした。

 

朝食と夕食会場について

朝食も夕食も鳳凰という大きなお部屋で頂くビュッフェプランにしました。ベビーチェア、お子様椅子もたくさんあるので数が足りないということはありませんでした。こちらは4歳から料金がかかるようです。

夕食のビュッフェはローストビーフが一番気に入ったので、ひたすらローストビーフを頂きます。鎌倉山のような高級なローストビーフは脂が多くてたくさんは食べられませんが、ここのはたくさん食べられます。他のお料理も美味しかったのですが、子供が二人いるとじっくり味わって食べられません。気に入ったものをひたすら食べて食欲を満たしました。

朝食は和食と洋食があります。去年はコックさんが作ってくれるオムレツがあったのですが、今年はパンケーキに変わっていました。オムレツを楽しみにしていたのでちょっとだけ残念でした。

新潟ということでご飯が美味しいので、和食をメインに頂きました。 

 

温泉について

メイン棟の2階でエレベーターを降りて、男性はそのフロアに、女性は2階ほど階段を降りたところにお風呂があります。

脱衣所には男女ともにベビーベッドがあり、赤ちゃんを転がしながら脱衣することは可能です。

女性の大浴場にも子供用のイスが3個くらい、ベビーチェアが2個あり赤ちゃんもお風呂に入ることができます。男性の方にも子供用のイス、ベビーチェアはあったようです。

温泉は熱めなので赤ちゃんを入れることは躊躇してしまいました。足だけ入れてあげて早々と上がりました。

 

チェックインとチェックアウトについて

チェックインは15時からですが15分ほど前にチェックインができました。

チェックインしてからチェックアウトするまではスキーのロッカーも使えます。チェックアウトするとロッカーも使えないので、クロークに預ける必要があります。

チェックアウトは通常プランだと10時ですが私たちはNOC会員なので12時まで使えました。結局11時前にはチェックアウトしているのですが、時間にゆとりがあったので助かりました。

 

料金について

食事会場とドリンク代、スキーレンタルやリフト代は除いています。

2/17

大人宿泊料2人分 74,000

3歳宿泊料      3,700

入湯税        300

2/18

大人宿泊料2人分 58,000

3歳宿泊料      3,700

入湯税        300

 

ニューオータニだけあってお値段もお高いですが、新幹線の駅からゲレンデのアクセスも楽だし、子連れだらけなので変に気を使わなくてもいいし、ストレスなく過ごすことができました。

スポンサーリンク