働くママのドタバタな毎日(幼児二児を抱えて育休から復帰!)

都内で働くママです。育児の記事がメインです。

MENU

ここで来たか、発熱だらけ

スポンサーリンク

やはりドタバタしています。

上の子は熱が出ないからいいんです。問題は下の子。

六月のある月曜日、旦那が子供達を保育園に連れて行き、下の子検温したら38度ということで家に連れて帰ると連絡がありました。

と言うことで午後から私が休むことにして13:30頃に自宅に帰宅、一時的におばあちゃんに来てもらい旦那は11時ころ出勤のため出発、おばあちゃんも私が帰宅後に仕事に出勤しました。

午前中の間に旦那は小児科に連れて行き、翌日からの病児保育のための指示書やら予約やら手続きをしてくれたので助かりました。

翌日火曜日、病児保育に預けました。特に発熱はしていませんでしたが、体調が怪しかったので・・・。下の子初めての病児デビューです。

特に泣くこともなく、お利口さんに過ごしていたようです。

水曜日、何となく熱が出そうな気がしたのでまた病児に。午後から38度まで上がったので病児に預けて正解でした。

木曜日、前日に38度まで出ているので念のための病児。37.9まで上がりました。

金曜日、朝は36.7だったので通常の保育園にしようか悩みましたがやはり大事をとって病児。14時ごろに病児から電話がかかってきました。「10時くらいから39度を超えていて心配です」とのことでいつもより早めにお迎えに行くことにしました。

そしてその足で上の子を迎えに行って2人を連れて小児科へ。

発熱期間が長いので血液検査をされました。

特に問題は無いようで、様子をみてくださいと帰宅しました。

1週間丸々病児に預けることができて大変助かりましたが、二ヶ所の送迎の大変さ、金銭的な負担が地味にきました。

と言うのも、病児が自宅からちょっと離れていて、車で送迎しており車も病児保育の近隣のコインパーキングに停めて会社に出社しているのです。

 

翌週の月曜日、やはり熱が下がらず病児。この調子で翌週も1週間病児保育にお世話になりました。病児の先生も「病児の子になっちゃったねー」とコメントしていました。

 

4月5月は月に1度くらいの発熱で何とかなりましたが、6月は2週間保育園に通う事が出来ませんでした。保育園の洗礼、ここにきて受けております。

スポンサーリンク